さて今回ご紹介するのは、1分の簡単ストレッチで誰でも簡単に身長を伸ばす裏ワザです!

そんな簡単に身長なんか伸びたら誰でもやっているよと思わないで。

騙されたと思ってやってみて下さい。

こんな方法がある事を知っていれば、健康診断の前にやっていたのに・・・

そんな風に思いました。

人気No1アルギニン高配合ドリンク

身長を伸ばす簡単ストレッチの方法

1分間寝ているだけ

やり方は超簡単!

正座をしたらそのまま後ろに倒れて寝ているだけ。

自分は身体が固いのか床でやると足と腰がめちゃくちゃ痛いのでベットの上でやりました。

ベッドの上でやっても苦しいかもしれませんが、背中が伸びているのを実感できると思います。

詳しいやり方は下記動画を参考にしてみて下さい。

動画で試している人も、1分間で数センチ身長が伸びていますね。
※歌う必要ありませんが歌いたい人は歌って下さいw

それにしてもよく床でやって痛くないのかな?

痛くてできないのは自分だけですか?

メリットとデメリット

本当に短時間で数センチ伸びるのが最大のメリットですね。

でもこれって身体を伸ばしているだけで実際の骨や筋肉が成長しているわけではないんです。

そりゃそうですよね。

そんなすぐに成長するのならすぐに誰もが高身長を手に入れられます。

つまり、やったらすぐに戻ってしまうというのがデメリット。

それでも、少しでも身長を伸ばしておきたい時ってあると思います。

身体測定の前、大事な試合の前、デートで良く見せたい時など。

個人差はあるみたいですが、数時間はもつみたいなのでここぞという場面で使えば効果はバッチリですね!

姿勢が悪いと身長が低くなる

こちらの動画をご覧ください。

正しい姿勢に戻す事で数センチも身長が高くなるエクササイズです。

身長が悪いと猫背になり身長が低くなってしまうので、それをもとに戻すって感じ。

ストレッチやエクササイズをする事で歪んだ背骨をまっすぐにするんですね。

身体を成長させる事も大事ですが、背骨が歪んでいては伸びるものも伸びないと思います。

日頃から正しい姿勢を保って背骨をまっすぐにしておく事も身長を伸ばすためには大事です。

ぶらさがり

上記動画の45秒あたり。

棒にぶら下がるだけストレッチ。

ぶら下がる事で重力が下に引っ張り、掴まっている棒が上に引っ張ってくれます。

作用反作用の法則ですね。

ただ棒とかストレッチする器具が家になければ毎日やるのは難しいかも。

つまさきタッチ

上記動画の1分15秒あたり。

手を高く上げて、直立に立ちます。

できるだけ手をまっすぐにして、つま先を触って下さい。

身体が固い人は少しだけ膝を曲げてもOKです。

つま先に手が届いたら、息をすって吐いてを2回~3回ほどして下さい。

これを数回繰り返す。

この方法なら家になんのトレーニングの器具が無くてもお手軽に出来そうですね。

両足後ろ上げ

上記動画の1分35秒のところ。

うつ伏せに寝転がって下さい。

腕は体の横に。

足を揃えたまま、足を高く上げるようにして下さい。

エビぞりをするイメージですね。

一度上げたら3秒ほど、そのままの体制をキープ。

これが一番きつくてストレッチっていうよりエクササイズですね。

同時に腹筋や足も鍛えられる感じ。

ダウンヒル

上記動画の1分50秒のところ。

両手を後ろにまわし、身体を前にまげてできるだけ手を高い位置にします。

手を高い位置にもっていくのに、5秒くらい時間をかけてゆっくり行います。

ダウンヒルの方法は文章ではわかりにくいと思うので、動画を見てもらった方がわかりやすいかと思います。

まとめ

・1分間で身長は伸ばせる。
・成長しているわけじゃないから元に戻る。
・姿勢を正せば身長を伸ばせる。