アルギニンの食べ物やアルギニンの概要や効果、飲み方などをご紹介しています。 成長促進剤としてしられているアルギニンの正しい使い方や成長期の子供の身長を伸ばす方法などのお役立ちコラムを掲載しています。

アルギニンとは

  • HOME »
  • アルギニンとは

アルギニンの概要

最近、サプリメントなどでも話題になっているアルギニンとはいったいなんなのでしょうか?

その概要について説明したいと思います。

アルギニンとは、アミノ酸の一種。

科学名は2-アミノ-5-グアニジノペンタン酸。

略号では「R」または「Arg」と表記される場合もある。

化学式(示性式 )はH2NC(=NH)NH(CH2)3CH(NH2)COOH。

英語発音から「アージニン」と言われることもあるみたい。

人気No1アルギニン高配合ドリンク

性質について

20種類ほどあるアミノ酸にはそれぞれ種類があり、以下の5つに分類される。

  • 非極性アミノ酸(9種類)
  • 極性無電荷アミノ酸(6種類)
  • 酸性アミノ酸(3種類)
  • 塩基性アミノ酸(2種類)

このうちアルギニンは「塩基性アミノ酸」に分類されます。

タンパク質を含んだアミノ酸の中で一番の塩基性があり成長期には欠かせないと言われてる成分の一つ。

また糖原性という性質を合わせもつ事からグルコースに変わりうるアミノ酸でもあります。

体内にあるアンモニアの生体解毒を補う性質もあり、一定条件では必須アミノ酸と言われています。

例えば、外傷や感染などの状態。

または寝たきりになってしまい血行不全となっている人にも有効に働く成分です。

理由は免役反応の活性化を促したり、細胞の増殖を促す働き、コラーゲンの生成を助ける性質によって外傷や血行不全の治療に役立ちます。

身体の中で作られるアルギニン

アルギニンは生合成のある化学物です。

すごく簡単に言えば身体の中で作り出す事ができる成分って事になります。

つまりアルギニンは摂取していなくてもある程度は身体の中で作られます。

しかし、その過程は長く効率的に摂取したい場合は直接「アルギニン」を摂取した方が良いと言われています。

そのため、医薬品の中にも「アルギニン」が含まれるものもあり、症状によって投与されています。

これと同様で子供をより成長させたい(アルギニンを効率的に摂取したい)のであればアルギニンを含んだ食べ物を直接を摂取する事で効率的に成長できると言われています。

スポンサードリンク

話題の子供向けアルギニン高配合ドリンク

スポンサードリンク

アルギニン食べ物.bizについて

アルギニン食べ物.bizではアルギニンの食べ物に関する情報をまとめてる総合情報サイトです。身長を伸ばすためのお役立ちコラムやサプリメントなどの紹介を行っています。 アルギニンを含む食べ物についての情報が知りたい人は、このサイトを参考にしてみて下さい。

カルシウムを多く含む食べ物

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品からまいわし、わかさぎ、干しえび、しじみなどの海産物。木綿豆腐、絹ごし豆腐、納豆、凍り豆腐などの大豆製品。野菜類では小松菜、ちんげん菜、わかめ、切り干し大根、ごま、アーモンドなどがあげられます。

鉄分を多く含む食べ物

しっかり意識しないと摂取おろそかになりがちな鉄分。しかも小中学生などは進んで食べる子供も多くないので注意が必要ですね。レバーや牛モモや牛ひれに多く鉄分が含まれています。
アサリ、干しいわし、まぐろ、かつお、まいわし、牡蠣、しじみなどの海産物。小松菜やホウレンソウや枝豆、切り干し大根などの野菜類も鉄分を含んでいます。またひじきや青のり、豆乳、ごまなども。いずれにしても子供が好んで食べる食材が少ないように感じますね。

ビタミンAを多く含む食べ物

ビタミンと聞くと摂取しやすい成分のように思うかもしれませんがちゃんと摂取しようとすると意外と大変だったりします。
のりやとうがらし、レバーやうなぎ、いか、からすみ、いくら。
どうでしょうか?なかなか日常的に食べている人は少ないのではないでしょうか?
他にはしゃこやすずき、チーズ、卵黄やうずら、ピータン、バター、鶏肉やパセリ、バジルやしゅんぎくなどがあります。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンAに比べると摂取しやすい印象ですが意識的に野菜を摂取していないと不足しがちになってしまいます。
ピーマンやキャベツ、にがうりやブロッコリー、カリフラワー、かぶの葉、さやえんどうなど。
あまり野菜は食べないと言う人は要注意な食材ですね。
身長を伸ばすには栄養バランスが重要になってきます。
以下の食材もビタミンCを豊富に含んでいるので意識して食べるようにしましょう。
ミニトマト、しその葉、小松菜、アセロラ、ゆず、柿、キウイフルーツ、いちご、レモン、はっさく、グレープフルーツ、みかん、のり、さつまいも、ハム

ビタミンDを多く含む食べ物

特定の魚類、野菜類など普段はあまり口にしない食材に多く入っている印象の成分ですね。
あんこうのきも、すじこ、いくら、かわはぎ、べにさけ、かつお、さけ、にしん、かれい、ひらめ、まぐろ、うなぎ、まだい、さば、さんまなどが魚介類です。きくらげ、しめじ、まつたけ、まいたけ、しいたけ、えのきはきのこ類ですね。あとうずら卵や鵜卵などもビタミンDを多く含んでいます。
これらは毎日って考えると少し大変だと思うのでサプリメントなどで代用しても良いかもしれません。

ビタミンEを多く含む食べ物

ひまわり油、綿実油、べにばな油、アーモンド、ひわまりの種、ラッカセイ、あんこうのきも、からすみ、いくら、たらこ、辛子明太子、かずのこ、マヨネーズ、抹茶

シトルリンを多く含む食べ物

スイカ、メロン、冬ウリ、きゅうり、にんにく

亜鉛を多く含む食べ物

生牡蠣、ビーフジャーキー、煮干し、豚肉、いわし。

詳細はこちら

グルタミンを多く摂取できる食べ物

小麦たんぱく、大豆たんぱく、ゆば、ゼラチン豚、かつお

詳細はこちら

オルニチンを多く摂取できる食べ物

シジミ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズ

詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © アルギニン食べ物 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.