アルギニンが含まれる食べ物はたくさんありますが果物にもアルギニンは含まれています。

とは言え、果物にはそれほど多くアルギニンは含まれていません。

しっかり摂取したいなら他の食材やサプリメントで補う必要がありそうですね。

参考:アルギニンを多く含んだ食べ物についてはこちら。

とは言え、果物からでも摂取できると言う事を知っていた方が良いと思うのでご紹介します。

アルギニンが含まれる果物

アボガドおよそ100mg
グレープフルーツおよそ90mg
キウイフルーツおよそ60mg
ネーブルおよそ60mg
スイカおよそ55mg
みかんおよそ50mg
なつみかんおよそ48mg
バナナおよそ45mg
ぶどうおよそ40mg
いちごおよそ30mg

※100gあたりの含有量

ウリ科の果物に多いみたい。

やはりアルギニンの含有量は少ないです。

もっとも多くアルギニンが含まれる豚ゼラチンと比べると一番多いアボガドでも1/80程度しかアルギニンが含まれていません。

自分はアボガド大好きなんですけど。

少ししか入っていないのでも、意識して摂取するのとしないのとでは違いが出てくると思うのでデザート気分でたまには上記の果物を摂取すると良いかもしれませんね。

アルギニンが含まれる野菜

ニンニクおよそ1000mg
乾燥しいたけおよそ750mg
かんぴょうおよそ400mg
ごぼうおよそ300mg
ブロッコリーおよそ250mg
大豆もやしおよそ200mg
からしなおよそ200mg
ほうれん草およそ200mg
たけのこおよそ125mg
大根の葉およそ125mg

※100gあたりの含有量

果物に比べると野菜はそこそこアルギニンが含まれてますね。

しかし、一番多いのでにんにくの1,000mg。

他の食べ物に比べるとぜんぜん少ないですね。

しかも肉や魚を100g摂取する事は簡単ですが、にんにくだけで100gって現実的じゃないですねw

次の日、絶対に息が臭くなりますよ。

とは言え、野菜にはビタミンなど他の栄養素が入ってますから日頃から摂取するようにした方が良いと思います。

上記の果物と一緒にアルギニンが入った食材でサラダなど作れば、健康的になりつつ成長促進としても役立つかもしれません。

免疫力を高めるビタミンA

ほうれん草に多く含まれるビタミンAは、身体の免疫を高め病気になりにくくしてくれます。

また粘膜や皮膚を健康に保つためにも重要な栄養素になります。

骨の形成にビタミンDが効果的

しいたけなどに含まれるビタミンDは骨や歯を作るのに必要な栄養素。

ビタミンDは太陽の紫外線によって生成されるため、干してある食べ物にたくさん入っています。

天日干しの乾燥しいたけなどの野菜を摂取するようにすれば、アルギニンも少し摂取できるし成長促進に繋がりやすくなるんですね。

ビタミンEで血管の成長を

アボガドに多く含まれるビタミンEは、血液や血管の成長に必要な栄養素。

細胞同士の結びつきを安定させる効果もあり、ストレスによって悪影響を及ぼす活性酸素を取り除く効果に期待できるようになります。

またビタミンEはビタミンCをサポートする役割もあるため、一緒に摂取する事でより健康的になれます。