アルギニンの食べ物やアルギニンの概要や効果、飲み方などをご紹介しています。 成長促進剤としてしられているアルギニンの正しい使い方や成長期の子供の身長を伸ばす方法などのお役立ちコラムを掲載しています。

アルギニンの効果

  • HOME »
  • アルギニンの効果

効果効能について

アルギニンの効果は多くありますが、具体的にどういった効果に期待できるのでしょうか?

成長ホルモンの分泌促進や筋肉増強、アンチエイジング、疲労回復など多くの効果に期待できる成分ですが具体的な効能については知らない人も多いみたい。

そこでアルギニンの効果、効能について解説しますのでアルギニンの摂取を考えている人は参考にしてみて下さい。

人気No1アルギニン高配合ドリンク

成長ホルモンの分泌

アルギニンの効果で一番有名なのが「成長ホルモン」の分泌を促進させる効果があるといっても過言ではないでしょう。

と言うのも、テレビや雑誌などで取り上げられたサプリメントが話題となりそれから一般にも認知されるようになった成分だからです。

年頃の子供を育てるお母さんの間では話題になっているため、知っている人も多い効能だと思われます。

とは言え、「成長ホルモン」の事は知らない人も多いかと思います。

そこで子供の成長に繋がる成長ホルモンについて簡単にご説明します。

成長ホルモンを構成するのに欠かせないのがアミノ酸。

アミノ酸は身体の成長させてくれる成分の一つです。

アルギニンもアミノ酸の一種で「身体を成長させる」「代謝を良くする」などの効能に期待できます。

骨の組織を作ったり、筋肉を付けたりなどの効果や筋肉やお肌の再生や修復などですね。

つまりアルギニンを摂取する事で、成長ホルモンを分泌させ身体の成長を促しているという訳です。

では、アルギニンが含む食べ物を食べていれば良いのか?

という事になりますが、毎日摂取するのは現実的ではないような気がします。

というのも医療現場でも成長ホルモン増加の試薬として使われる事のあるアルギニンは、ある程度の量が必要だと言われているからです。

必要な量は体重1㎏につき、0.5gほど。

子供の体重が42㎏なら21gのアルギニンを摂取しないと効果が薄いと言われています。

そこいらで売っているアルギニンが含まれているサプリメントを見てみると一粒で0.2gしかアルギニンが入っていない物もあります。

こういうサプリメントの場合、いったいどのくらい飲めば効果が期待できるのでしょうね?

100粒以上飲まないと効果が薄いのでは、飲む意味がありません。

アルギニンが豊富に入っているサプリメントやアルギニンを豊富に含んだ食材で補う事で初めて効果に期待できるのかもしれませんね。

血管の拡張

血管の拡張効果があれば、身体中に血液が流れやすくなり、健康的になります。

アルギニンには血管を拡張する効果に期待できるので、冷え症や低体温の改善に繋がります。

近年ではそういった子供も増加傾向にあるようなので、成長促進だけでなく健康に気を使っている親御さんからも支持を得ている成分でもあるんです。

とは言え、血管が拡張されても血液がドロドロでは、意味がありません。

さすがに子供のうちから血液がドロドロって子は少ないと思いますが、大人の方でアルギニンを摂取する場合は、血液をサラサラにする事も意識するとさらに健康的に。

血液が流れやすくなる事で身体中に酸素や栄養素が届くようになるため栄養素の吸収力もあがります。

吸収力が上がる事でも身体の成長に影響し、相乗効果でより成長しやすくなるんですね。

筋肉の増加

スポーツ選手も摂取しているアルギニン。

運動前に摂取しておく事で、筋肉が付きやすくなります。

というのも、活発に動いている時やちゃんとご飯を食べなかった時など身体の中にある糖質を使い切ってしまう事があります。

そういう場合、筋肉を分解してエネルギーの代用にされてしまいます。

こういう状態が続けば、筋肉は付きにくくなってしまいます。

「体質的に筋肉が付きにくい」と思っている人でもしっかりとアルギニンを摂取する事で筋肉増強に役立ちます。

プロのボディービルダーもアルギニンに注目しており、筋肉増強のために摂取している人もいます。

成長過程にある子供のため、特に部活やスポーツをしている子供にはぜひ摂取させたいですね。

免疫力向上

アルギニンには、白血球の働きを活性化させる効果があります。

これはアルギニンに「マクロファージ」と言われる白血球の一種が含まれているから。

マクロファージによって体内に入り込んでしまった、細菌などを消化してくれます。

つまり病気になりにくい免疫力が高くなる効果に期待できるんですね。

精力増強、勃起力向上

アルギニンが含まれたサプリメントは大きく分けて2種類。

一つは子供の成長促進、そしてもう一つは男性の精力増強剤として知られています。

子供の成長促進の理由は上記で説明しましたが、なぜ男性の精力増強剤として効果があるのか?

アルギニンは一酸化窒素を作り出す働きが強いのですが、一酸化窒素は「環状グアノシン酸」と言われるものを活性化させます。

この「環状グアシノシン酸」は勃起力を高める性質があるだけでなく、上記で述べたように血管の拡張との相乗効果により男性器の向上力があるみたい。

子供の為にサプリメントでアルギニンを摂取させたいと思ってネットで探して買ったら、精力増強剤だったなんて事にならないように。

スポンサードリンク

話題の子供向けアルギニン高配合ドリンク

スポンサードリンク

アルギニン食べ物.bizについて

アルギニン食べ物.bizではアルギニンの食べ物に関する情報をまとめてる総合情報サイトです。身長を伸ばすためのお役立ちコラムやサプリメントなどの紹介を行っています。 アルギニンを含む食べ物についての情報が知りたい人は、このサイトを参考にしてみて下さい。

カルシウムを多く含む食べ物

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品からまいわし、わかさぎ、干しえび、しじみなどの海産物。木綿豆腐、絹ごし豆腐、納豆、凍り豆腐などの大豆製品。野菜類では小松菜、ちんげん菜、わかめ、切り干し大根、ごま、アーモンドなどがあげられます。

鉄分を多く含む食べ物

しっかり意識しないと摂取おろそかになりがちな鉄分。しかも小中学生などは進んで食べる子供も多くないので注意が必要ですね。レバーや牛モモや牛ひれに多く鉄分が含まれています。
アサリ、干しいわし、まぐろ、かつお、まいわし、牡蠣、しじみなどの海産物。小松菜やホウレンソウや枝豆、切り干し大根などの野菜類も鉄分を含んでいます。またひじきや青のり、豆乳、ごまなども。いずれにしても子供が好んで食べる食材が少ないように感じますね。

ビタミンAを多く含む食べ物

ビタミンと聞くと摂取しやすい成分のように思うかもしれませんがちゃんと摂取しようとすると意外と大変だったりします。
のりやとうがらし、レバーやうなぎ、いか、からすみ、いくら。
どうでしょうか?なかなか日常的に食べている人は少ないのではないでしょうか?
他にはしゃこやすずき、チーズ、卵黄やうずら、ピータン、バター、鶏肉やパセリ、バジルやしゅんぎくなどがあります。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンAに比べると摂取しやすい印象ですが意識的に野菜を摂取していないと不足しがちになってしまいます。
ピーマンやキャベツ、にがうりやブロッコリー、カリフラワー、かぶの葉、さやえんどうなど。
あまり野菜は食べないと言う人は要注意な食材ですね。
身長を伸ばすには栄養バランスが重要になってきます。
以下の食材もビタミンCを豊富に含んでいるので意識して食べるようにしましょう。
ミニトマト、しその葉、小松菜、アセロラ、ゆず、柿、キウイフルーツ、いちご、レモン、はっさく、グレープフルーツ、みかん、のり、さつまいも、ハム

ビタミンDを多く含む食べ物

特定の魚類、野菜類など普段はあまり口にしない食材に多く入っている印象の成分ですね。
あんこうのきも、すじこ、いくら、かわはぎ、べにさけ、かつお、さけ、にしん、かれい、ひらめ、まぐろ、うなぎ、まだい、さば、さんまなどが魚介類です。きくらげ、しめじ、まつたけ、まいたけ、しいたけ、えのきはきのこ類ですね。あとうずら卵や鵜卵などもビタミンDを多く含んでいます。
これらは毎日って考えると少し大変だと思うのでサプリメントなどで代用しても良いかもしれません。

ビタミンEを多く含む食べ物

ひまわり油、綿実油、べにばな油、アーモンド、ひわまりの種、ラッカセイ、あんこうのきも、からすみ、いくら、たらこ、辛子明太子、かずのこ、マヨネーズ、抹茶

シトルリンを多く含む食べ物

スイカ、メロン、冬ウリ、きゅうり、にんにく

亜鉛を多く含む食べ物

生牡蠣、ビーフジャーキー、煮干し、豚肉、いわし。

詳細はこちら

グルタミンを多く摂取できる食べ物

小麦たんぱく、大豆たんぱく、ゆば、ゼラチン豚、かつお

詳細はこちら

オルニチンを多く摂取できる食べ物

シジミ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズ

詳細はこちら

スポンサードリンク




PAGETOP
Copyright © アルギニン食べ物 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.