多くの子供は身長が低い事で悩んでいる

口には出さないかもしれませんが、他の友達に比べて身長が低いと悩む子供は多いみたい。

子供だけでなく親御さんも同様に悩んでおり、周りの子に比べて身長が低いという点で気にされているんですね。

子供の身長は小中学生のころにはなかなか伸びなくても、高校生になって急に身長が伸びる子もいるので何かしないと身長が伸びないと言うわけでないんですが。

中学生の成長期の時に身長が伸びないとだいぶ気にされるようです。

今から10年以上前の話になりますが、実際に自分の甥もずっと身長が低いままで学年が下の女の子より身長が低いと嘆いていました。

身体を動かす事が好きな活発な子でバスケットを頑張っていたようですが、他の子供と比べても身体が小さいのでフィジカル的な面でもマイナスになっていたと思います。

そんな彼は大人になっても、身長が低いままでした。

バスケについての詳しい事は知りませんが、素人から見ても身長が必要なスポーツでしょうし。

大学に入ってもバスケットを頑張っていたんですが、身長は伸びず少し気の毒に思いました。

こういうのは親御さんと協力して、栄養素を考えて身長を伸ばしたり身体を強化する食生活をしていく事が改善に繋がりやすいのではないでしょうか?

子供だけの力ではどうしても身長を伸ばす事は難しいですからね。

では具体的に何をすれば良いのでしょうか?

10年前と違い昨今では、あらゆる研究により効率的に身長を伸ばせる方法がある程度解明されています。

という訳で今回は、子供の身長を効率的に伸ばす方法をご紹介したいと思います。

「必ず伸びる」という訳ではないので、「伸びる可能性が上がる」くらいにお考え下さい。

人気No1アルギニン高配合ドリンク

身体を成長させる4つの要素

身長も含めて身体の成長には以下の4つの要素が大きくかかわってきます。

ますはその要素をしっかり把握して下さい。

一つ目が遺伝。
二つ目が睡眠。
三つ目が栄養。
四つ目が運動。

上記の四つが身体を成長させる大きな4つの要素になります。

ではそれぞれについてご説明します。

遺伝について

子供の身長を決定付ける大きな要因が「遺伝」

というのも、身長が高い両親の子供は平均身長も高いという結果がでているから。

他の要素をいくら頑張っても遺伝的な要素が欠けていれば身長を2m以上にしたいとかはほぼ不可能。

遺伝子操作などの技術が発展すれば、身長も操作できるかもしれませんが、現段階ではそういった物はありません。

中には巨人病という珍しい病気で身長が異常に大きくなる事もあるみたいですが、難病なので望んでなるものではありませんし・・・

遺伝については受け入れるしかありませんね。

両親の身長から子供の身長を予想できる

正確なものかわかりませんが、両親の身長から子供がどのくらいの身長になるのか予想する方法があります。

男子= (両親の身長の合計+13)/2+2
女子= (両親の身長の合計-13)/2+2

自分の身長で計算してみた所。

自分の身長171㎝。
父親の身長176㎝。
母親の身長が155なので。

(176+155+13)÷2+2=174と言う事になります。

足りない身長3㎝はどこへいったのでしょうか?w

自分で当てはめると少しざっくりしているように思うので、あくまで予想程度の計算みたいですね。

とは言え、遺伝的な要素だけ考えれば自分は174㎝くらいまでは伸びる可能性があったという事になります。

自分が180㎝以上になる事は遺伝的には難しいと予想ができますし、遺伝的な要素に対してどれだけしっかり成長できるかが大事になってくるので、参考程度に計算してみて下さい。

睡眠について

遺伝の次にご説明する身長が伸びる要素は「睡眠」

諸説ありますが、午後10時から午前2時くらいの間が成長ホルモンが分泌されやすい時間です。

近年では、夜遅くまで起きている子供が増加していますが、これは非常に大事な要素の一つなので軽く見てはいけません。

生活リズムを一定にして早寝、早起きをする事が成長に繋がるのです。

プロのアスリートも規則正しい生活リズムを心掛けている事から、睡眠はしっかりとるようにしましょう。

栄養について

次にご説明するのは要素は「栄養」

ぶっちゃけ遺伝的な要素以外では一番大事になります。

と言うのも、遺伝的な事はどうしようもならない事かもしれませんが食べ物から摂取できる栄養素は気を付ければ改善する事ができるからです。

厚生労働省が調査した1945年からの平均身長は2010年時点では男女共に10㎝以上も伸びています。

これはアメリカから輸入されてきた欧米食が日本に広まった結果だと言われています。

欧米食は日本食に比べてカロリーも高いものばかりなんですが、その分栄養も豊富なんですね。

引用:社会実情データ図録

どのような栄養を摂取すれば良いのか?

栄養が非常に重要なファクターである事が理解いただけましたか?

しかし、どのような栄養素を摂取すれば良いのかわからない方もいると思います。

近年で話題になっているおすすめの栄養素は「アルギニン」です。

参考:アルギニンを多く含む食べ物一覧

サイトの名前にも含まれている「アルギニン」ですが身長を伸ばす効果がありサプリメントが話題になっている成分です。

できればサプリに頼らず摂取させたいんですが、毎日ってなると大変なんですよね。

摂取しようとすると大変な栄養素なだけにサプリで代わりに摂取すれば楽ちんです。

サプリで摂取する予定の方は、他の成分との相乗効果で効率的に身体に吸収されるサプリメントや錠剤タイプ、粉末タイプなどいろいろ売っているので、サプリメントを選ぶ際は慎重に。

身長だけに慎重に選んで下さいw

自分がおすすめのサプリメントは「アスミール」というのも、知人が子供に飲ませていた所、飲み始めて一年で急に身長が伸びた事を聞いているからです。

人気No1アルギニン高配合ドリンク


もちろんこのサプリメントの効果かどうかはわからないんですが、飲み始めて一年で急に身長が伸びたら誰だってすごいって思いますよね?

雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられた商品みたいなので、ある程度の信頼性はあるかと思います。

子供の身長にお悩みの親御さんは騙されたと思って一度試してもらいたいです。

運動について

バスケットやバレーをやっている人は身長が伸びやすいと聞いたことはありませんか?

ジャンプしたりする動作や身体を伸ばす動きをしている人の方が身長は伸びやすいんです。

参考記事:簡単ストレッチで身長を伸ばす方法

逆に小さい子供の時に筋肉をつけすぎると身長が伸びにくくなってしまうので注意が必要。

特にスポーツなどやっていないのであればストレッチだけでもしてみると効率的に身長が伸びるかもしれません。

まとめ

2016/05/27追記

身長が伸びる4つの要素は「遺伝」「睡眠」「栄養」「運動」

遺伝的な要素は諦めて、身長を伸ばす方法は「睡眠」「栄養」「運動」3つです。

遺伝的な要素は努力してもしょうがないのですが、逆に予想計算くらいまでなら伸びる可能性がある。

睡眠+栄養+運動など努力できる部分で予想計算までの身長を狙う。