グルタミンは身体の成長、特に筋肉の成長に必須のアミノ酸の仲間。

筋肉に含まれるアミノ酸のおよそ半数はグルタミンで構成されているといっても過言ではありません。

それほどに重要なグルタミンですが、いったいどのような効能があるのでしょうか?

今回はそういった部分をご説明したいと思います。


成長ホルモンの活性化

成長ホルモンは、運動をした時や寝ている間に分泌されるホルモンです。

その名の通り、成長を促すホルモンなので分泌されればされるほど、成長します。

筋肉を付けたり、身長を伸ばしたり、脂肪燃焼の促進など理想の身体を作り出す上では必要なホルモン。

グルタミンはその成長ホルモンを向上させる役割があると言われています。

そのため、ダイエットしたい人や筋肉を増強させたい人に向いている成分ですね。

もちろん成長ホルモンが活性化するので身長を伸ばす効能にも期待できます。

筋肉の増強に効果あり

グルタミンには筋肉が分解されるのを抑え、発達を促進させる効果もあります。

筋トレやダイエットのし過ぎでしっかりした栄養を摂取していないと、身体は筋肉から分解して栄養の代わりにします。

筋肉量の低下→脂肪が燃焼しにくくなる→いくらダイエットや筋トレしても効果が出ない。

このような悪循環になってしまう人も少なくありません。

実は理想の身体を作り出すには、筋肉は非常に大事なんですね。

プロテインだけでは補えないグルタミンを筋トレの後に摂取する事で筋肉増加のメリットが◎

グルタミンには成長ホルモンの向上以外に、筋肉を増強しやすくするメリットがあります。

風の予防にも効く

グルタミンは風の予防にも期待できる素晴らしい栄養素。

グルタミンが腸に入ると腸の働きが活性化しやすくなります。

そして、外部から侵入してきたウイルスを防ぐのです。

腸内を整え、身体を健康的にするだけでなく病気になりにくくなるという事を考えればすごい栄養素だと言えるでしょう。

脳も健康的になる

グルタミンは脳にも大変良い成分です。

グルタミンを摂取する事で脳が健康になりアルツハイマーなどの脳の病気を予防する働きもあると言われています。

病気の予防だけでなくグルタミンを摂取する事で脳内に発生してしまったアンモニアの分解にも役立っています。

アンモニアを分解する事でリラックス効果の元にもなっており、疲れ切った脳をリラックスさせます。

そのため、成長ホルモンの活性化や筋肉の増強など見た目の効果効能以外にも見えない所でも力を発揮するんですね。

毎日の生活をより豊かにするため、より良い身体作りを目指す人にとっては役立つ事間違いなしの栄養素だと言えるでしょう。

グルタミンが多く摂取できる食べ物

下記にグルタミンがより摂取できる食材をまとめました。

グルタミンを摂取したいと考えている方は参考にして下さい。

小麦たんぱく29000mg
大豆たんぱく17000mg
湯葉11000mg
ゼラチン豚11000mg
かつお9800mg
きな粉7300mg
だいず7000mg
しらす干し6900mg
ナチュラルチーズ5400mg
ラッカセイ5400mg

※表の食材は100gあたりについてのグルタミンが入っている量になります。

アルギニンと成分が似ていますね。
ちょっと馴染みの少ない食材もあるので、毎日摂取しようとすると難しいかもしれません。

摂取しやすい事や他の健康面を考えると大豆たんぱくが一番バランスが良いような気がします。

グルタミンが豊富に含まれた発芽大豆

グルタミンを効率良く摂取したいなら「スーパー発芽大豆」がおすすめ。



発芽に向けて栄養をため込んだ所で成長をストップさせているため、栄養素が豊富に含まれています。

100gあたりのグルタミン含有量は28.0g!

その他にはギャバの含有量が33.0g、カリウムは805g!

濃厚な旨みが魅力的で、そのまま食べても良いですし、料理に取り入れやすいのもポイントですね。

サラダやスープにそのまま入れてもバッチリ!

お子様のおやつがわりにしても良いんですが、糖質がすごく低いためダイエット目的に利用する方も多い大豆です。