子供の身長を伸ばす要素は様々です。

今回は間違いなく確実に身長を伸ばす要素についてご紹介します。

子供の身長を伸ばしたい親御さんは参考にしてみてください。

毎日の食事

身体の形成に必須な食事は子供の成長にも重要な役割を果たします。

カルシウムや鉄分、アルギニン、ビタミンA、C、D、E、シトルリン、亜鉛やグルタミンなど

この中で重要な成分はカルシウムと鉄分、ビタミン類です。

学校の給食である程度バランスの取れた食事を食べているから大丈夫と考えてる人も少なくありませんが家庭でもちゃんと栄養素を考えて食事を摂取しないと不足しがちになってしまいます。

逆に言えばちゃんと栄養バランスを考えた食事を摂取していればほぼ確実に身長が伸びます。

栄養素の摂取方法

毎日の食事に気を付けてしっかり栄養素を摂取していてもその摂取方法が間違っていれば効率が悪く効果が少なくなってしまいます。

例えばカルシウムは骨の形成に必要な栄養素の一つで魚類や乳製品に含まれますが吸収率が悪いため、カルシウムの吸収をサポートする大豆製品などと一緒に食べるべきです。

効率が悪くても食べていればそれなりに効果がある食べ物もありますが、ほとんどの栄養素が摂取できない成分もあります。

そのため、食べ合わせは非常に重要なのです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

毎日の食事にそこまで気を付けなければならないのはとても大変です。

そこで近年では当たり前になりつつあるサプリメントに頼ってみてはいかがでしょうか?

ほぼ単一成分だけのものではなくバランス良く栄養素が配合されているサプリメントなら相乗効果で他の栄養素も万全に摂取することができるでしょう。

人気No1アルギニン高配合ドリンク

もちろん自分はアスミールをおすすめします。

このサプリは本当に栄養素のバランスも良くとても優れています。

子供の成長に必要な栄養素のバランスが抜群に良いといっても過言ではありません。

睡眠時間をちゃんととる

寝ている間に成長ホルモンが分泌され身長を伸ばしていきます。

そのためちゃんと寝て成長ホルモンの分泌を促す必要があります。

またきちんとした睡眠時間を確保できないと身長を伸ばすどころか子供に悪影響を与えます。

年齢によって必要な睡眠時間は変動します。

6才から13才くらいまでは9時間から11時間前後の睡眠が必要になってきます。

特に重要なのは24時から26時までの時間ですね。

この時間は成長ホルモンがより多く分泌される時間といわれ最高の時間帯と言われています。

小学生も高学年あたりから習い事や部活、塾などに通う子供が増え、またそのスケジュールも年齢を重ねるごとに夜型に移行してしまいます。

部活や塾が終わり、家に帰ってからご飯を食べてお風呂に入って、、、

近年では夜中に出歩くとこんな時間にまだ子供が!なんて思う事も増えてきたように思います。

特に都心に近づけば近づくだけその傾向が強いように体感で感じています。

余談ですが10才から14才の平均睡眠時刻はおよそ22時30分です。
内閣府 生活行動

思ったより平均の睡眠時刻は早いように感じますが、22時に寝たとしても朝学校に起きるのに7時か8時だとすると9時間から10時間ほどの睡眠となります。

こう考えると11時間寝ようと思うとなかなか難しいですね。

平日には塾や部活でしっかり寝れない場合は休日に半日ほど寝かせてあげると良いかもしれませんね。